FC2ブログ

久々にカラオケ行きたい

farewell当日東京に行っています、うえだです。

来た日に限って雪が降って凍えそうです。京都はどうですか?予報では降るとか降らないとか。
48代は元から狂ってる人しか居ないなぁとは思っていましたが、天気まで狂うとは最早清々しささえ感じます。

伝説残したかったんですけどね、僕は普通の人間だから何も残すことは出来ませんでした。まぁ今年度は50コンもあるし、現役や新入生に伝説創ってもらってそのおこぼれを貰うことにします。
ということで、死ぬ気で楽しんで出来るだけ頑張って下さい!

またこまくさ行きます。



滞納金払いに。
スポンサーサイト

偉大なる死


(とても大遅刻なこまぶろ、ごめんなさい。途中まで書いて投げ出してしまいました。
以下、ややタイムラグがありますが、ご了承ください…日本語が不自由なのもソーリー)




チャオ、ひよこだよ。先日は総括お疲れ様でした。
自分の席からぐるっと周りを見たときに、「ああ、もうこの人達と一緒に時間を過ごすのも、あと一週間もないんだな」と思いまして寂しさといいますか、不思議な気持ちになりました。こまくさに捧げた4年間だったと思います。あと数日で私の4年間がおわるのです。
総括で語ってしまう「先輩」になってしまうくらいには年をとりました。
後輩が後輩にアドバイスをしている姿を見て、なんとも言えない想いが込み上げてきました。
定演終演後にも思ったことなのですが、こまくさの歴史を繋げたな、と勝手に一安心している自分も居ます。
一回生の頃は純粋に歌うのが楽しかったです。合唱の楽しさ、面白さを伝えてくださったのは紛れもなく先輩方で、毎回の練習が楽しみでした。ジョイントコンサートでの八幡の満員に近いホール、あの光景は忘れられません。今思い出してもゾクゾクする。当時の緊張感、恐れにも似た興奮は、今思えば合唱に4年間を捧げるきっかけ、トリガーだったかもしれないです。
二回生になって、先輩が怒る理由が分かりました。これは、二回生になってやっと、先輩方が合唱に懸ける想いが理解できてきたということです。みんなで声を揃えて歌うということは時に非常に難しい。上手くならなきゃって考えすぎて、周りが見えていなかったことは大きな反省点。優しい上司たちの下で多くのことを学べたのは幸運でした。
三回生になりまして、今度は先輩が涙を流す理由がわかりました。これは上手いこと説明できませんが、そういうことです。私に限った話で言えば、なんだか精神的に参っちゃったんですね〜。四条通り歩くだけで、訳もなく涙が出てきちゃう、みたいな。原因は色々あったけど、うん、まあ、パートリーダーという役割は想像の何倍も大変でしたね。同時に沢山のことを学びましたし、紛れもなく当時の経験が今の私をつくっているので、一概に悪者扱いは出来ません。いやあ、だけどやっぱりキツかったな笑
そして四回生。なんやかんやで全部の演奏会にオンステし、ご縁あってコンクールにまでオンステできたので、思いの外どっぷりと合唱をしました。一回生の頃のように純粋に歌うことを楽しめたかな。一方で思うように練習時間が確保できない状況の中でオンステしてしまったことはとても申し訳なかったです。それが心残り。49代執行に協力できていたかなあ。


本当に本当に有難いことに、一回生の頃から今日まで、沢山の先輩方に可愛がっていただきました。だから技系とか関係なく、二回生の頃には役職についてこまくさに恩返ししたいなと考えておりました。その一心と責任感で二年間の役職を経て、四回生までこまくさを続けてきた次第でございます。この四年間で私が先輩方からもらったものを、後輩たちに、こまくさに返せたでしょうか。

この組織は、(というか社会に出たらそうなのかもしれないが)頑張っている人が評価されにくい。誰かのミスを被ってフォローしても、自分の管轄外の仕事をこなしても、表では気付いてももらえない。まあ気付かれないようにやっているからではあるけど。だから裏方で人一倍頑張っている後輩たちには、見てるよって声をかけてきたつもりなのです、私なりに…!伝わってたら嬉しいナ。
四年間続けていれば良いことあるよ、なんて無責任なことは言えないけど、失うものも無いと思うよ。最後まで続けることで見える景色もあるかもしれない!でもそれはまだ、Farewell が終わるまでは私にも分からないのだ…!(めちゃ無責任)

先輩方にはFarewell の度に目一杯の感謝を伝えてきたつもりですので、ここでは割愛させていただきます:)私も後輩に偉そうなこと言う先輩になっちゃいました。ですが先輩方の前では一後輩ですのでまだまだ甘えさせてください…!笑



ところで、Farewell の衣装の個人的なテーマは、ジョジョ5部です。理想のリーダー像はブチャラティで、理想の上司像はプロシュートでした。みんなジョジョ読んでくれ。このブログのタイトルはそういうことです。


え〜、最後に?大学生活の中で、観てよかった、みんな(後輩)にも観てもらいたい映画三選を下に。
「ウォール フラワー」(こういう友人関係を誰かと築けたら素敵よねって感じの映画)
「セッション」(何かを極めるって簡単な事じゃない。人前で演奏することへの覚悟とか考えられる、かも)
「コーヒーを巡る冒険」(ドイツ映画なので好みは分かれるかも、私の好きな映画。主人公が大学生(クズ)ぼんやりと過ごしてしまう日常の中のドラマ)

(番外編)ミュージカル映画なら俄然「バーレスク」を推します。元気になれる!


はーい。

ツラツラと中身のあるような無いようなことを書きました。もしここまで読んでくださった方がいらっしゃれば、ありがとうございます。
Farewell 当日は、四年間で関わって下さった全ての人に感謝の気持ちを込めて歌います。
Farewell 後、もしその後の人生でみなさまと会うことがあれば、今よりも面白い人間になれていたらなと思います。それまでみなさんどうかお元気で。お相手はひよこでした。

聞き間違いが多いのは集中力がないから

寒い日が続きますね。体調崩してませんか?
ついこの間まで1回生だったような気がしてしまいますが、もう私が卒団なんてびっくりです。48代アルトのこじまです。だらだらと書いてしまったので気が向いた方はぜひ読んでいってくださいm(_ _)m

48代は、先輩方に比べて仕事のスペックが高い訳でもなく、特別後輩の面倒見が良い訳でもなく、さらには人も少なく、無いものばかりの代だと思います( ˊᵕˋ ;)
伝説の48代とはよく言ったもんで良くない方の伝説ばかり重ねてしまい申し訳ない限りです。
私が入団した頃の先輩方はとても頼りがいがあって、大人で、尊敬出来る存在でした。でも、そんな存在にはどうしてもなれずに終わってしまいそうです。笑
私たちの良いところと言えば、卒団しても人数があまり減らないところくらいです。
48代は無茶な人数で執行をしたもので、それぞれが仕事をこなすことに精一杯で後輩たちとの交流を先輩方に頼ってしまっていましたなぁと今さら反省しております。
こんな私たちのためにFarewellを開いてくれた現役生達には本当に感謝しかありません。

3年間の役員生活をして思ったことは、何でも、いざ終わってしまうと悲しいものなのだということです。
パートリーダーの時のことは以前書かせて頂いたので割愛しますが、団長になったことで精神的に落ち込んでしまってどうしようもない時もあったものの、まぁやってみて良かったなと今では思えます。
それはOBOGの方々含め、支えてくれる温かい存在に気付くことが出来たからです。
こまくさに入り、役員生活を送らなければ絶対に手に入れられなかった経験を幾つもさせてもらいました。
団長として、自分が理想とする団長像が確かにあったのですが、最後までその理想像のようには上手く振る舞えませんでした。
私は兄2人の末っ子ということもあり、後輩と接するのがどうも苦手だったのですが、これは食わず嫌いのようなもので、お話してみると良い子ばかりで。唯一の4回生役員をさせてもらったからこそ、仲良くなれた人たちが沢山います。これもまた、素敵な財産です。
あとは、大学生の団体といえど、これだけの人数のトップに立たせてもらうという経験は誰もができることでは無いです。私のスペックでは、本当に49代役員の子たちには申し訳ない団長しか出来ませんでしたが、試行錯誤し、悩みながらも私なりに頑張れたのかなと思っています。1回生からすればなんか団長って呼ばれてるなぁ、くらいの感じだとは思いますが、こんなタイプの団長もいたなぁと後で思い出してもらえたら嬉しいです。

最後に、4年間こまくさで活動してきて分かったことがあります。大切に思えば思うほど、不満が湧いてくるということです。学年を重ねるごとに、どんどん不満は募り、自分はこまくさのことが嫌いなんじゃないかと思う日も時にはあると思います。でも、それはきっと、こまくさへの想いが強くなっているからこそだと思います。
だから、そんな時こそ1度振り返ってみてほしいです。必ず、楽しかった思い出があるはずです。その思い出を胸に、素敵な思い出を重ねていって、Farewellで立派になった姿を見せてほしいと思います。OGとしてみにいきます。

farewellではこまくさに関わる全ての方々への感謝を込めて歌います( ˊᵕˋ )
4年間ありがとうございました!!

カラダにPEACE

高森です。
複雑に考えずに纏めます。
有難う御座いました。ご迷惑をお掛けしました。
皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております。
特にベースの方々にはお世話になりました。
卒団してから一層深まるご縁もあると思います。
それを楽しみにしています。

以下は雑記です。暇な時に読んで下さい。下に行くほど話が雑になります。好きなところで切り上げて下さい。

 卒団を控えたからといって突然柄にもないことを言い始めたり、振り返ってみて結局良かったとか言いません。代わりに正直に述べます。まず、お世話になりました。代を問わず清濁併せ呑むような方ばかりで、沢山の事を教えてくださいました。団に対しては潔癖な明るさを感じていました。水清ければ魚棲まずというか、僕には潔白過ぎて着いていけない事もありましたが、先に述べた方々とのご縁のお陰で続けることができました。そういった巡り合わせの場として、感謝しています。後輩にこうして欲しいとかはありません。やりたいことをして下さい。僕は不真面目で、歌に関しては何も言えません。申し訳ないです。

 飲み会は余り覚えていません。独特の一体感と皆さんの懐の深さについて、ぼんやりした実感があるだけです。誘われるのは嬉しいし、企画をするのは楽しかったです。好きな人数で行きたい場所に、したい事をしに行くんですから、楽しくないはずがありません。訳の分からない企画にも笑って付き合ってくださる皆さんに依る所が大きかったですね。ネジがぶっ飛んだ同回生にもお世話になりました。そろそろ二月ですよ。僕は沢山食べられませんが、鰆とか鯛とか食べに行きましょう。寒いうちに日本酒を飲みたいです。後先考えない飲み会も。またお誘いします。誘ってやって下さい。

 インディーズゲームをプレイして下さい。自分の琴線に触れたものを選べば良いです。音楽や世界観、要するに雰囲気が好きな作品です。洞窟でウサギを助けてあげたり、山を登りながら自分を見つめ直したり、電球を拾って終わった世界をウロウロしたり、カツサンドを食べてジャンプ力をあげたりしましょう。優しい世界を知って、生きづらくなるはずです。
参考 【ICO】冗長なゲームという逆説【ワンダと巨像】(リンク)
     STEAMゲームおすすめまとめ(リンク)  
※レトロ枠はクロノトリガーやウィザードリィ、ラグランジュポイントなんかも是非。
※フリーゲームも良いです。Elonaとか時間が幾らあっても足りない。
 
 泉屋市古商店(リンク)っていう酒屋の利用が増えました。僕が知らないだけですが見かけないお酒も沢山あります。おじさんが丁寧に色々教えてくれるので是非足を運んでみて下さい。

 紗倉まなのラジオですよ。ケンコバとアインシュタインと紗倉まなのラジオで、土曜の25時半から26時半まで放送されてるんです。聴き逃してもSOUNDCLOUDにアップされます。下っぽい話はたまに挙がるくらいで、世間話が主です。日に依りますけど。回毎に設定されるサブタイトルを幾つか述べるんで、参考にして下さい。「浪速区の一本筋入った所」「膝に水が溜まった理由」「野菜は水「でるでる!」」「体の中から育毛する男」「固定系がマイブーム」「20代男をタイに連れて行く危険性」「ゆがんだ顔のトキ」
参考 TENGA茶屋(リンク)

 明るい農村の秘蔵古酒を見つけたのに買い忘れました。また買ってくるので誰か飲みましょう。馬鹿舌なんであんま分からないんですけどね。スコッチとか芋は煙草吸わなくても美味しくて健康に良いです。アードベッグが好きです。

 良い椅子を買いたいです。腰に優しいやつを。

 来年は愛知県です。遊んで下さい。

 それでは。

一番好きな食べ物はガトーショコラではなく納豆

皆さんこんにちは、4回生ソプラノのしょこらです。フルネームはがとー・しょこらと申します。以後お見知り置きを。

皆言うし分かってはいましたが大学生なんてあっという間でしたねえ~。私は中学から大学までずっと部活とかをやっていたんですが、高校の時にやっていた軽音部のバンドではいつも他の人がやりたい曲に従っているような後から着いていく人間でした。それは今も変わってはいないんですけれども。そんな私が大学でこまくさに入って合唱漬けの日々を送り、知らない間に幹事長になってたりするんですから人生分からないものですね~。将来あの日々に戻りたくはないと思うでしょうが、とても良い思い出として残っていることでしょう。

私は良い後輩にも、良い同回生にも、良い先輩にもなれず色々と後悔していることもありますが、こんな私にも優しくして下さった周りの皆さんにはとても感謝しています。4年間という長くて短い時間をありがとうございました!!i